社史history

明治期

河口湖大石村字戸沢にて、桑畑を村民が営む。

大正5年(1916年)頃

河口湖大石村字戸沢に、島津公爵避暑別荘が作られる。
別荘初代管理人鎌倉宗作(現夢見る河口湖コテージ戸沢センター店主の曽祖父)。
島津公爵避暑を祝い、河口湖の各村長が集い、灯篭流しなどが行われる。(8月5日河口湖湖上祭の始まり)

昭和19年(1944年)頃

ドイツ公使が島津公爵別荘を疎開場所として利用する。
当時の別荘管理人は2代目鎌倉伴作(現夢見る河口湖コテージ戸沢センター店主の祖父)。

昭和22年(1947年)頃

農地解放令により、島津公爵別荘の敷地一部を鎌倉伴作が購入する。

昭和31年(1956年)

大石村・河口村・船津村・小立村が合併し、河口湖町となる。

昭和41年(1966年)頃

鎌倉啓介(現「夢見る河口湖コテージ戸沢センター」店主の父)が、キャンプ場を創業。
御坂山塊戸沢山並びに字名「戸沢」にちなみ、「戸沢キャンプ場」と名づける。
この年、西湖根場村にて山崩れ災害が発生する。

昭和42年(1967年)

現「夢見る河口湖コテージ戸沢センター」店主誕生。


昭和42年頃

昭和42年頃

昭和44年(1969年)頃

レンタルボート業(釣舟業)をこの頃開始。
報知新聞特約店となり、時世に乗り、店名を世に広げる。

昭和46年(1971年)頃

民宿開業。「戸沢キャンプ場」のセンターハウスであることから、「戸沢センター」と名付ける。

昭和60年頃、バンガロー

平成4年(1992年)頃

バンガローの一部を貸別荘(コテージ)に建て替える。
この頃、河口湖町河口地域から大石地域へ繋がる湖畔道路(湖北ビューライン)が整備される。河口湖自然生活館などの河口湖町観光施設が充実する。

平成9年(1997年)

法人「戸沢センター有限会社」設立。バンガローのほとんどを貸別荘(コテージ)に建て替える。

平成9年頃

平成15年(2003年)

河口湖町・勝山村・足和田村が合併し、富士河口湖町となる。

平成17年(2005年)

「民宿戸沢センター」を貸別荘(コテージ)に建て替える。

平成22年(2010年)頃

この頃から屋号を「コテージ戸沢センター」とする。

平成23年(2011年)

現「夢見る河口湖コテージ戸沢センター」店主婚姻。

平成28年(2016年)

屋号を「夢見る河口湖コテージ戸沢センター」とする。釣舟業を実質廃業する。
現「夢見る河口湖コテージ戸沢センター」店主へ代表取締役を代替わりする。

トップページ社史